夜中の怪しい人影

11月から12月にかけてアユの仔魚の流下調査を行いました。
仔魚とは孵化したアユの赤ちゃん。アユの赤ちゃんは孵化したら海に下りますがそのときどれくらいの量の赤ちゃんが下っているかを1時間おきに採取して調査を行います。橋の欄干に脚立をたて装置をセット。装置だけ見てもなんか怪しく感じますね(笑)
仔魚調査1
午後6時から1時間おきに5分間、橋の上から垂らしたプランクトンネットで採取します。時間はストップウォッチで正確に測ります。引き上げたら仔魚を集めます。
仔魚調査2
初冬の水はとっても冷た~い。でも情熱の塊のようなAさんは冷水をものともせず素手で黙々と作業をします。
この作業を12時まで計7回繰り返します。
仔魚調査3
作業中数回パトカーが巡回してきました(゚△゚;ノ)ノ  もちろん道路の使用許可もとってありますからびくびくすることはありませんが、どなたかが「密漁かっ?」と通報したようです。まあ、傍目にも怪しく見えますよねえ~
で、作業日にはまえもってこちらから警察へ連絡してから行うようにしました。この時期は密漁するような魚はいません。
寒い時期、深夜の作業に出ていただいた組合員さん、Aさんにはこころから感謝申し上げます。
調査結果は後日載せたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント